住宅ローンの比較について|おすすめしたい住宅ローンの選び方・比較サイト

未分類

テストライティングで、過去にクライアントへ提出した記事です。
確認を取って、こころよくOKをいただいたので載せました。

住宅ローンを組むときには、金利が発生します。金利の種類には固定金利と変動金利があります。

固定金利と変動金利はどのように違うのでしょうか。また、各金利を選んだ時のメリットについても、みてみましょう。

住宅ローンの金利「固定金利」「変動金利」とは

固定金利

固定金利には「全期間固定金利型」と「固定金利期間選択型」の2種類があります。
全期間固定金利型は完済が終わるまで金利が変わりません。
固定金利期間選択型は契約時に固定金利期間を決めます。固定金利期間が経過したら、また金利タイプを選んで更新していきます。
固定金利のメリットは、やはり安心感。金利の変動について心配がありません。
また、返済額が一定なので、返済の計画が立てやすいでしょう。

変動金利

変動金利は返済中でも定期的に金利が見直されます。
金利が下がると返済額が減ります。しかし、金利が上がると返済額が増えてしまいます。
金利の見直しは半年ごとに行われますが、そのたびに返済額が変わるわけではありません。
一般的に返済額は5年おきに更新されます。
変動金利のメリットは、固定金利と比べると金利が低く設定されていることです。
金利が大きく上昇しなければ、低金利で返済を続けられます。

金利と返済額がわかる「フラット35」に注目!

フラット35は、金利が変わらない固定金利で、そのうえ完済までのあいだ、ずっと金利が変わらない「全期間固定金利型」です。
ローンの借り入れ時に金利と返済額がきちんと確定するため、返済計画が立てやすくなります。

比較できる「住宅ローン比較サイト」を活用しよう

住宅ローンにはプランによって、さまざまな特徴があります。
各プランのメリット、おすすめポイントを見比べるときには「住宅ローン比較サイト」が便利です。
価格.com「住宅ローン比較」
まずは自分で調べてみたい。どのような企業があるのか、さまざまなプランを知りたい人におすすめ。
ザイ・オンライン「住宅ローンおすすめ比較」
一から探すのは面倒。いくつかの項目にあわせてランキング形式で紹介してくれる。
住宅ローンの基礎や住宅ローンに関する記事も充実。
株式会社Hayakawa「住宅ローン比較.jp」
固定金利、変動金利、フラット35など、いろいろなパターンでの比較に向いている。
比較やランキングあり。選び方や確認しておきたいポイントなど、解説つきなのがうれしい。

現在の住宅ローンを見直したい人は「借り換え」も視野に

「毎月の返済額や総返済額をなるべく減らしたい!」「もっとうまく返済する方法はないだろうか?」
そんなときには借り換えを検討してみましょう。

おすすめのシミュレーションサイト3選

住宅ローンや借り換えを検討するときは「シミュレーション」を活用するとよいでしょう。
住宅ローンの返済には「ボーナス返済」「繰り上げ返済」などを含めると計算が変わってきます。
シミュレーションを使うと、複雑な計算で成り立っている住宅ローンの試算がしやすくなります。
また、借り換えをした場合に、毎月の返済額や総返済額がどのように変わるかを自分で手軽に調べられます。
住宅保証機構株式会社「住宅ローンシミュレーション」
はじめてシミュレーションサイトを使うときは、まずここでシミュレーションしてみましょう。
試算・返済額を基準にして、ほかの気になるプランと比べてみるのがおすすめです。
suumo「住宅ローンシミュレーション」
シンプルなつくりで、調べやすいシミュレーションサイト。
算出された金額をもとに、金額に合う物件を検索することも可能です。
いくつものサイトを渡り歩かなくていいので便利!
じぶん銀行「住宅ローンシミュレーター」
新規借り入れを検討中の方には「毎月の返済額」「現在の年収」「毎月の返済額」など、項目にあわせて計算が可能です。
借り換えを検討中の方には「借り換えメリット無料診断」が特におすすめ。
借り換えをしたときにどのようなメリットがあるかを教えてくれます。

【まとめ】比較サイト・シミュレーションサイトを活用しよう

たくさんの銀行や企業がサービスを提供しています。
自分にあったプランが見つけられるように、比較サイトやシミュレーションを活用しましょう。
いつも取引をしている銀行や気になっている企業があれば、それらの公式サイトにアクセスしてみてください。
シミュレーションサイトを提供しているところが増えているので、一度チェックしてみるのもおすすめです。
タイトルとURLをコピーしました